話題の情報

2017年08月10日

クワガタやカブトムシをつかまえてしまって飼うために必要なもの

kuwagatanomesu.jpg
写真提供:PAKUTASO


朝家を出たら目の前にクワガタが歩いていた。

思わずゴキブリかと思ってハッとしたけどよくよく見たら立派な角がある。(正確にはあごらしいが)

形のいい「のこぎりクワガタ」だ。(ちなみに写真のクワガタはメスですが、実際にはオスのクワガタでした)

このまま見過ごすのはおしい。小さい頃を思い出して家で飼ってみようと思った。

以前にこんなことがありました。

かといって家には飼う道具がない。

どうしたらいいかを考えました。

まずは、一時的に保管するイレモノが必要。えさは夜までいらないだろう(夜行性なので)

次に、ひと夏を過ごすイレモノ、えさが必要。

一時的に保管をするイレモノとして思い浮かんだのは、ペットボトル、イチゴが入っているパック、牛乳パック、ジャムなどの空きびん、食材を入れるタッパーなど。

密閉性のあるものは酸欠でだめだから、空きびんやタッパーはそのままでは使えません。

ふたの代わりにラップをして穴を開けておけば大丈夫。中の様子も見えます。

でも、ラップに穴を開けても空気がきちんと通っているか、ラップを破いてしまわないかが心配。

そこで最も適しているのはペットボトルだということが判明しました。

ラベルをはがせば中が見えるし、酸欠を防ぐための少し大きめの穴を開けても逃げ出す心配がありません。

500mlのペットボトルでは入り口を通るかどうか心配ですが、一度切ってしまって中に入れてからテープでつなげばOKです。

一時しのぎにしては十分なイレモノです。

クワガタも見知らぬ場所で落ち着かないでしょうから少量の土や落ち葉、枝などを入れてあげるといいでしょう。

次にこの夏をすごすイレモノと必要なものを買いにいきます。



まずは水槽。水槽というと金魚やめだかを飼うイメージですが、クワガタも水槽です。

虫かごじゃだめですよ。昼間は土の中にもぐりますからカゴではかわいそうです。

最近では100円ショップでも夏場は虫を飼うためのものがそろいます。

1匹だけなので、1辺が20センチほどの小さめの水槽と、中に敷く腐葉土を買いました。

水槽は小さなものは100円、少し大きめのものでも300円程度です。

おえっとショップや金魚やさんなどで買うとこれらは割高になります。

止まり木のようなものや枯葉なども売っていますので、かくれる場所として入れてあげるのもいいでしょう。

止まり木は大きなものですとえさのゼリーを入れる穴が開いていたりして便利です。

えさのゼリーは一袋あれば十分です。

最近では高カロリーのものや健康に気を使ったものなどもあったりしておもしろいです。

オオクワガタなどを飼っている方は、大きくするのが目的ですのでそういったものも必要なのでしょう。

さてこれで一通りそろいます。

イレモノ、土、えさの3つです。

いずれも100円ショップでそろいますが、DIYショップやペットショップなどでもそろいます。

これからつかまえて飼うぞという方は、楽天市場などの通販でも買い揃えられますのでいろいろ見てみると面白いですよ。

止まり木もデラックスなものがあるのです。

これなら何匹か入れられる大きな水槽でないといけませんね。



水槽の中に敷くものとして、土ではなくこのようなヒノキチップもあります。

土だと虫や微生物が発生して衛生的によくないとお考えの方もいるようで成虫を観察しながら飼いたい人には薄めに敷くのがおすすめです。

もぐっていてもどこにいるのかわかります。



カブトムシなどに果物をえさとしてあげるとどうしても小バエが発生します。あれってもしかしたら土の中から発生するのでしょうか。

もし小バエが発生してしまってもこんな便利グッズがあります。

水槽のふたの部分が小バエが出てこられないようになっているのです。



小さかった頃に飼えなかった方も大人になったら簡単ですよね。

一式大人買いしても3000円ぐらいのものですよ。

夏休みのワクワクを取り戻しながら、子供と一緒に楽しむこともできます。

次のお休みは虫取りに出かけてみるのもいいかもしれませんね。
posted by 情報伝達人 at 09:00| Comment(0) | 動物・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

待たずに薬を受け取れるヨヤクスリ 楽天ポイント200ポイントもらえます

病気で病院に行って早く帰りたいのに薬の待ち時間が長い!

一度子供を家に送って、薬だけもう一度取りに行くって事ありますよね。

スマホから楽天グループのヨヤクスリというサイトを利用すると、ネットで処方箋を渡して、出来上がったときにとりに行くことができます。

病院で診察料を支払った直後に処方箋を送信して少しでも時間短縮することができますし、薬局に寄らずにそのまま帰宅して、薬ができた頃にとりに行くこともできます。

しかも毎回楽天スーパーポイントが貯まります。

お薬手帳も管理してもらえるのでなくして再発行手数料を取られることもありません。

お薬の関連企業はケンコーコムです。

ケンコーコムは楽天グループのドラッグストアで楽天市場では美容関連用品から日用品まで通販で買うことができます。

今まで、ガス、電気、水道、スマホ料金などはどこかのポイントが付くように設定していましたが、まさか病院の薬までポイントが付くとは思っていませんでした。

このヨヤクスリで付く楽天スーパーポイントは金額に応じたポイントではありません。

小さなお子様は、医療費無料とかありますし、保険の適用で窓口で支払う割合が人によってまちまちですから。

ポイントは一律10ポイント。

少ないと思うかもしれませんが、家族全員の病院にかかる回数ってけっこうな数になるんじゃないですか?

今なら登録するだけで200ポイントがもらえちゃいます。

使わなくても登録しておくだけでもいいですよね。

いつ病気になるかわかりませんし。

yoyakusurirakuten.png

でもきっと登録しておけば、病院で処方箋をもらったときに思い出しますよ。

「あー薬局の待ち時間いやだなー」って。

「そうかヨヤクスリって登録してたな」と思い出すはずです。

お近くの登録されている薬局は、サイト上でエリアごとに検索することができます。

いつも使っている薬局がヨヤクスリの登録サイトかどうか調べてみてから登録でもいいでしょう。

東京には5000以上の薬局が登録されています。

関東地方にまで広げると10000以上です。

これまで薬局って薬をもらうだけって言うイメージしかありませんでしたけど、いろいろな相談にも乗ってくれるところがあります。

エリア検索以外にも、次のような検索項目があります。

生活習慣病の相談ができる薬局
介護の相談ができる薬局
無料駐車場がある薬局
日曜日に開局している薬局
飲み物コーナーがある薬局
育児の相談ができる薬局
一般薬の相談対応可能な薬局
営業時間外の連絡可能な薬局
祝日に開局している薬局
薬の宅配対応が可能な薬局
最寄り駅から徒歩3分以内の薬局
OTC医薬品の取扱がある薬局
介護用品の取扱いがある薬局
ベビーベッドがある薬局
700品目以上(基準1)マークがある薬局
医療用具の取扱いがある薬局
電子マネー可の薬局
無菌製剤の調剤対応が可能な薬局
24時間営業の薬局
漢方の相談ができる薬局
18時以降開店している薬局
手話対応が可能な薬局
1000品目以上(基準2)マーク薬局
点字対応が可能な薬局
麻薬処方箋取り扱いあり薬局
衛生材料の取扱いがある薬局
一般用医薬品の取扱いがある薬局
トイレがある薬局
医療廃棄物回収に対応している薬局
外国語対応(英語)が可能な薬局
車椅子対応トイレがある薬局
外国語対応(英語以外)が可能な薬局
クレジットカード可の薬局
相談コーナーがある薬局
キッズルームがある薬局

ベビーベッドがあるとかトイレやキッズルームがあるとか便利な情報も知ることができますし、突然のケガのときなどクレジットカードが使えるとか電子マネーが使えるといった絞り込み検索ができるのです。

いつもの薬局にこだわらず、便利な薬局まで足を伸ばしてみるのもいいでしょう。

予約は、処方箋を画像に撮って送るだけなので、行くのは1回ですみますから少し遠くても相談ができたり便利な機能がついているほうがいいかもしれませんね。







ラベル:スマホ
posted by 情報伝達人 at 11:40| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

台風情報 米軍ってなんだ?

グーグルで台風情報を見ようと「台風」と検索窓に打ちこんでみた。

すると気象庁の台風情報やyahooの台風情報が検索の1位と2位に出てくる。

そのまま下のほうまで見ていると「台風に関連する検索キーワード」というのが出ていて、いくつかの複合したキーワードが並んでいた。

その中で「台風 米軍」という言葉があった。

気になったので何のことかと思い、「台風 米軍」で検索をしてみた。

すると検索の1位には、国立情報学研究所(NII)の北本さんという方のホームページの中の「デジタル台風:台風情報 - 気象庁と米軍(アメリカ海軍) Joint Typhoon Warning Center (JTWC)」という記事が出てきた。

この言葉の中にある米軍(アメリカ海軍) Joint Typhoon Warning Center (JTWC)というのが詳しい台風情報を出しているようで、皆はそれを検索しているのではないかと推測できた。

実際のサイトがこちらで、英語のサイトが開く。

この英語の情報を引っ張ってきて、日本の情報とミックスして詳しく解説しているのが先ほどのデジタル台風のようで、より詳しい台風情報を知りたい人がこの情報をよく見ているということのようだということがわかった。

海洋関係の方だったり、北海道から北のほうに住んでいる方や太平洋の真ん中あたりの台風情報が気になる人などは、より広範囲の詳しい情報が知りたくてここにたどり着いたのでないかと思われる。

今回の台風5号は死者も出てけが人も多数出ている。

来るとわかっているのに対応が遅れたり甘く見ていた結果かもしれません。

もしくは想定外の大雨で思いもよらぬところが浸水したりがけ崩れが起きたりしても事故なのかもしれません。

テレビでもしきりに情報を流しているのですから自分の身は自分で守って行きたいものです。
ラベル:台風
posted by 情報伝達人 at 17:40| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする