話題の情報

2017年10月20日

セラミックファンヒーターが売れる時期になってきました。現在楽天第2位です

samui.jpg
写真提供:PAKUTASO


昨日からえらく寒くなりましたね。

今日も関東地方は冷たい雨が降っています。外出するときにはコートが必要かもしれません。

朝起きるのも一苦労でした。さむくてなかなか布団からぬけだせなくて。

ふと楽天市場のランキングをのぞいてみたらセラミックファンヒーターが第2位になっていました。

デイリーランキングなので時間によって変動していますので、「ランキングにないじゃないか!」とかいわれても困りますのでご了承ください。



10月も終わりが近づいてきているのに台風まで来ています。変な天気ですよね。

さて、今年の冬を先取りしてセラミックファンヒーターをあらためて見直してみてはいかがでしょうか。

エアコンや床暖房など、部屋全体を暖かく快適に過ごす設備が整った家が多くなっていますが、それでも部分的に自分がいる部屋だけすぐに温めたいとか、トイレや脱衣所が寒いから小さな暖房入れたいとか、キッチンやデスクで足元を温めたいといった要望から小型のセラミックファンヒーターはまだまだ人気があるようです。

小型のヒーターと言えば赤くなる電熱線タイプのものもたくさんあります。

でもなんとなく電力をたくさん使って効率が悪いような気がして、新しいファンヒーター二メガいってしまうのではないでしょうか?

熱くなっていると火事の心配とかもありますしね。

このような赤くなるシーズヒーターですが



電気代は、強運転で1時間30円ぐらい、弱運転で10円前後です。

実はセラミックファンヒーターも機種にもよりますが、だいたい同じぐらいなんです。

これに対してエアコンは、数円から50円ぐらいまでと運転の方法によって金額は変わってきます。部屋全体を温めるのは効率的でいいのかもしれませんね。

石油ストーブもありますが、こちらは燃料の灯油の値段も変わりますし、機種の仕様でまちまちです。

おおむね、1時間の仕様で10円から20円といったところでしょうか。

暖房による電気料金の違いについて、詳しくは「電力比較サイト」さんのほうで書かれていますのでご興味のある方はこちらをご覧ください。

どうしても石油ストーブは火災の心配がありますので、小さなお子様や高齢者の方がいらっしゃるご家庭では使いたくないという方も多いです。

と言うことで、料金的があまり気にするような差でないと考えると、火災の心配も少なく、どうしてもスポット的にすぐに温まるファンヒーターがいいということになっていくようです。

では、このファンヒーターとセラミックファンヒーター、よく聞く言葉ですがどのような違いがあるのでしょうか。

ヤフー知恵袋に質問がありました。

セラミックヒーターとファンヒーターの違いは?

ベストアンサーはこれです。

ファンヒーターは、「温風を吹き出す暖房器具」全般。セラミックヒーターは、無風で暖かさを感じる「ファンレス暖房器具」の総称だと思います(凄く乱暴な言い方ですが(^^;))。
電気代は、基本的に同じ程度です。

因みに、セラミックファンヒーターという物もあります(^^;)。

セラミックファンヒーターって風が出るよなーと思いながらその下の答えを見ると明快に書いてありました。


ファンヒーターはすべてを統括してセラミックファンヒーターを含みます
電気ファンヒーターは電熱線等発熱体に空気を吹き付け温風にしています
セラミックファンヒーターは蜂の巣状のセラミックヒーターの間に空気を流し温風を出しています
大きな違いはセラミックの場合空気量が減るとセラミックの温度が上がり抵抗値が増えて消費電力が減ることです
空気量で電力を制御できるのです これは安全装置の一翼を受け持つことも出来ます
電力を直接熱に変えているためどちらがよいとは言えません


丁寧に消費電力の違いまで書いてあります。

どちらがいいということは決められないということなのですね。

こうなると、あとはもうパワーとかデザインとか値段の違いで選ばれるのではないでしょうか。

冒頭のランキング第2位のヒーターは、価格も5000円程度と手ごろです。

ほかのヒーターを見ると4000円ぐらいからあり、8000円から15000円程度のものが機能が充実していて、30000円台のものまであります。

エアコンと比べれば格安ですよね。

女性の方はどうしても足先が冷えると言う方が多いようです。

リビングでテレビを見ながらくつろいでいるときも、足元にファンヒーターがあると断然暖かいです。

エアコンの暖かい空気は室内の上のほうで滞留しがちなので、「足元をあたためたい」という需要はかなりあるようです。

キッチンでの調理や後片付けのときもそうです。

長いときには1時間も2時間もキッチンで立ちっぱなしです。これではすっかり足は冷えてしまいますよね。

ストーブを入れるにはせまいですし、エアコンの風は届きません。

そこで小型のファンヒーターと言うことになります。

お子様が部屋で勉強するときなども、部屋全体を温めると頭がボーっとしてしまうことがあります。

足元を効率的に温めることで集中して勉強ができるようで、わが子も自分用に1台占領して使っています。

テレビを見るときにはリビングに持ってきたりすることもできるので、まるで携帯電話ならぬ携帯ヒーターのようになっています。

古臭いデザインがいや!という方にはスタイリッシュな縦型のすっきりしたものもあります。

マンションなどの洋風のリビングにはこちらのほうが合っているかもしれませんね。







posted by 情報伝達人 at 17:07| Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

選挙のゆくえはどうなる?

選挙戦がヒートアップしていますね。
朝のニュース番組でも政見放送をやっているのを見ました。

たまたまYAHOOを見たら、右上のコマーシャル枠に自民党のCMが出ていました。

ヤフーの広告枠って数百万円じゃなかったっけ?と変な心配をしてみたり。

クリックしてみると、Youtubeに飛びました。



試聴回数は19時の時点で1000回ちょっと。少ないですね。

意外とクリックする人いないのかな、出したばっかりなのかなと思いました。

自民党のチャンネル登録数は3.2万人でした。

これも意外ですね。100万人の単位でいるのかと思いました。

関係者だけでも10万人以上になるのではないかと思いますし。

動画の引用をしましたが、もし問題があるようなら削除しますのでコメントください。

私は、特にどこの政党を応援していると言うことではありませんので。

posted by 情報伝達人 at 19:11| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

電子タバコに慣れてきたらニコチン0タール0でもいけるんじゃないですか?

vitaful.jpg

画像は楽天市場vitafulのページより


社内の喫煙者は産業医から薦められた電子タバコ。

ニコチンは摂取できて、喫煙している感覚は保てるものの、タールが0なので体にかかる負担が少なくてよいとか。
(機種によっては、タールが0ではないものもあるかもしれません)

そこで、アイコスやグローに切り替えてみたと言う方多いですよね。

身近な人にもたくさんいます。

火をつけて吸うタバコはもう吸わなくても大丈夫になったと言う声も聞かれます。

喫煙所を見ていても、電子タバコを吸っている人の割合が半分ぐらいに増えたのではないかと思います。

一昔前のタバコ場での議論は、1mgのタバコを吸うぐらいなら吸わなくてもいいんじゃない?でした。

それでもなかなかやめられないのがタバコです。

その後吸い続けている人たちが集まる今のタバコ場での議論は、電子タバコどう?から始まって、ニコチン0でもいけるんじゃない?と言うところまできています。

このブログでは以前に激安の電子タバコのご紹介の記事も書かせていただきました。

2,000円以下ではじめられる電子タバコ!1万円も出したくないよね

激安の電子タバコを試して見たいという方はぜひこの記事からご覧ください。

さて、それで今回は、さらに発展系のニコチン0、タール0の電子タバコ?のご紹介です。

これってタバコって言うんでしょうかね。

フレーバーミストを吸う新・フレッシュ体験っていってます。

もしかしたら、ニコチンを体に取り入れるタバコとは別次元のものかもしれません。

でも、口寂しさや何かを吸っていたいと言う欲求を満たすなら、タバコの代わりに吸ってみるのもアリなんじゃないかと思います。

これで済むんだったら本当に健康的ですよね。



使いすての電子タバコ風のビタミンスティックもあります。

こちらはさらに激安ですので、お試しにはもってこいですね。



それぞれ、どちらもカラーやフレーバーが豊富にありますので、アイコスやグローと比べてもおしゃれですし、健康的です。

ポイントで買えちゃう金額ですし、悩んでいるくらいなら、まずは買ってみるのがいいんじゃないでしょうか。
posted by 情報伝達人 at 17:38| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする