巨人の原督が今季限りで勇退: 話題の情報

2015年10月19日

巨人の原督が今季限りで勇退

ヤクルトに負け、今季の試合がなくなり、本日、原監督は辞任の申し入れをして、受理されたそうです。

本当にお疲れさまでした。

2006年から10年間も常勝巨人と言われる巨人軍の指揮を執ってきたわけだから、そのプレッシャーも並大抵ではなかっただろうと思います。

このあとの監督は、解説者の江川卓氏、コーチの川相昌弘氏、現役の高橋由伸氏などが挙げられているとか。

日本テレビの解説で、さんざん偉そうなことを言っている江川さんにぜひ監督をしてみてもらいたいという気持ちもありますが、現役選手と離れすぎた感があるように思います。

川相コーチでは地味。では高橋由伸氏かというと、それもまだ早いような気もします。

年齢的には桑田さんなんかもいいんじゃないかとも思いますが、ジャイアンツから離れて野球をしていたので、古巣に戻るのは難しいんでしょうね。

往年の名選手を思い浮かべると、張本氏や柴田氏なども考えたりしますが、年齢的にはちょっと無理でしょう。そうなると松井秀樹氏もいいんじゃないかとも思いますが、これも桑田氏と同様にメジャーで活躍しましたから、なんかハードルありそうですよね。

それにしても原監督は、「長きにわたり、応援してくれたファン、スタッフ、選手に感謝の気持ちでいっぱいです」と、晴れ晴れとしていたそうで、肩の荷がおりてすっきりしたんでしょう。

強い巨人が球界を盛り上げます。球界が盛り上がるとテレビ業界も経済も盛り上がります。
スター選手が出てくるのも強い巨人からがいちばんだと思います。

これから東京オリンピックに向けてスポーツが盛り上がってきますが、その間に、野球人気ももう一度巨人から火が付くといいなと思います。
posted by 情報伝達人 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428117581

この記事へのトラックバック