女子高生のはやりの言葉で最もわからないのは?: 話題の情報

2016年11月30日

女子高生のはやりの言葉で最もわからないのは?

iv86468.jpg
女子高生が話している言葉で意味不明な言葉があるけれど、その子たちはお互いに通じ合っている。

大人が聞いてもある程度推測や想像ができる言葉も多数ある。

話の流れから意味が推測できることもある。

でもどうしてもわからない言葉もあるんですが、いかがですか?


例えば、「ガチで」とか「ワンチャン」とかは、なんとなくわかりますよね。

むかしは「マジで」と言っていたものが、真剣勝負を表すガチンコからきている「ガチ」が「ガチで」に進化したもの。

ちなみにこの「ガチンコ」というのは、相撲で力士が真剣勝負をする時に「ガチン」とぶつかるところからきていると言われています。


さて、次にちょっとわかりにくいものとして「かまちょ」や「とりま」なんてどうですか、わかりますか?

「かまちょ」は「かまってちょうだい」の略。

女子高生から「ねーかまちょだよー」なんて言われたら羨ましい限りですね。

「とりま」は「とりあえずまあ」の略。

先輩から誘われた会合に「とりま行っとく?」見たいな会話がなされているようです。


さて、ここからが難題です。

2016年の難語とも言えるかもしれません。

「わず」と「卍」です。

「わず」は使い方でわかりますが、「わず」だけだとわかりませんね。

「ヒロと焼肉わず」

これは英語のBe動詞過去形のwasから来ているもので、過去形を表しています。

「ヒロと焼肉行った」という意味。

これに対して現在形は「なう」です。

「渋谷なう」、「バイトなう」のように使います。

され、一番の難解ではないかと思われる「卍」ですがどうですか?

「あいつ男いるとマジで卍だよね」みたいな使い方するそうです。

ここでの意味は、「調子に乗っている」、「調子こいてる」と言った意味に相当するということです。

別ルートの意味として「卍」は仲間との友情とか絆の意味で使われる場合もあるようです。

「3Bのみんな卍最高」、「バイトメンバーで卍爆発」と言った感じですが、一部でのはやりで、この使い方は意味不明と言う子もいるようです。

いかがでしたか?

このほかにも、定常的に使われるもので、「りょ」「おけ」などもあります。

それぞれ「りょうかい」「おっけーです」の意味です。省略が激しいですよね。

「りょ」は「り」とだけ書かれることもあり、LINEならではの返事とも言えるでしょう。

昔は、その地方や学校単位で流行っていた言葉も、今ではSNSで一気に拡散して使われます。

女子高生と接点のない方も覚えておくとよいのではないでしょうか。

写真提供:パクタソ

タグ:女子高生
posted by 情報伝達人 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444474412

この記事へのトラックバック