週休3日の会社はどこか: 話題の情報

2017年02月07日

週休3日の会社はどこか

gahuoa564.jpg

週休3日の会社って羨ましいですよね。yahooが週休3日とかGoogleは週休4日もとか話題になっています。

そこでどんな会社が週休3日の会社にはあるかを調べてみました。

具体の会社がどのような制度となっているかとともに、求人の状況やネットでの一般の方の声なども集めました。

週休3日が話題となっていますが、実際にはどうなのか、それではご覧ください。

スポンサー リンク




まず、週休3日を導入している会社には、有名なユニクロなど展開しているファーストリテイリングがあります。

ユニクロのファーストリテイリングでは、週休3日制を適用しているのは、転勤のない地域正社員が対象となっていて、通常の1日8時間×5日=週40時間のフルタイム出勤を、1日10時間×4日=10時間の勤務形態に変えると言うものです。

実際に働く時間が短くなるというわけではないのですが、趣味や育児や介護、資格取得の勉強など、俗に言うライフスタイルに合わせて働き方を変えることができると言うことになっています。



転職情報サイトのマイナビでは、週休3日の会社を検索できる。

正社員で週休3日の会社を検索したところ17社の求人があった(平成29年2月7日現在)

まずは、スポーツ用品店の「アルペン」「スポーツデポ」「ゴルフ5」を運営する株式会社アルペンで、週休3日制で曜日はシフト制となっている。年間の休日は159日だ。

モデル年収は30歳の店長で447万と表示されており、これが高いと思うか低いと思うかは現在の職歴や年収などにもよるだろう。

また、宅配便大手の佐川急便も週休2日制の場合と週休3日制の場合とがあった。

こちらは、東京都と山梨県の営業所のみとの注意書きがある。

職種はセールスドライバーで、モデル年収は、経験1年で400万円。4年で520万円。8年で900万円。10年で1150万円となっている。

10年務めると一般企業の部長クラスの年収がもらえて1000万円プレーヤーになると思うとドライバーもいいなと思ってしまう。

イマドキの転職サイトには休日もはっきりと書いてあり年間の休日の数も書いてあるので転職も悪くないなと思わせてくれる。

このほかにも10社以上が募集をしていた。

さて、一方で週休3日の会社について、ネットでの声はどのようになっているかも参考として掲載しておきます。

まずは賛成派







そして週休3日でなくてもよいという意見も。







今の給料が変わらずに休みが1日増えると言うのが一番いいみたいですね。

そりゃそうですよ。

でも休みが1日増える分、3連休だったり、2日ぐらい有給休暇を足して5連休にしたりして、毎月出費が増えるかもしれませんんね。

私の意見としては、まずは年に2回ぐらい長期休暇のない6月とか10月に企業が休日を作って週休3日の月を試行的に実施してみると言うのがいいのではないかと思います。

込み合ったゴールデンウィークやシルバーウィークの緩和にもなりますし、旅行も安くできるのではないかと思います。

それで仕事が回るなら2月や11月と徐々に増やしていくことで職員もそれに慣れていくでしょう。

優良な企業から取り組んで見本を示してほしいものです。

写真提供:PAKUTASO
posted by 情報伝達人 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446761531

この記事へのトラックバック