本: 話題の情報

2013年02月18日

2012年に売れたダイエット本ランキング(オリコン)

オリコンが発表した2012年の年間ブックランキングでは、第1位から25位の間になんと8冊もダイエットの本が入っています。

その8冊の期間内推定売上部数は374万冊にもなるのです。


ジムに行ったり外に出るのは大変ですよね。

でもDVD付きの本なら、家で動画を見ながら空き時間にできるから、忙しい主婦の方や子育て中の方などにとても人気が出たのだと思われます。

その中でもトップ3を紹介しますので、いかがでしょうか。

多く売れたということは、口コミもプラスして効果のあるプログラムが書かれたものが売れたんだと思います。

第1位:寝るだけ! 骨盤枕ダイエット 福辻鋭記

なんと書籍の総合部門でも第1位です!
期間内推定売上部数 792,426部



第2位:DVD付き 樫木裕実カーヴィーダンスで楽やせ! 樫木裕実

こちらは総合で第4位にランクインしました。
そして6位には「DVD付き 樫木式カーヴィーダンスで即やせる!」、10位には「DVD付き 樫木式カーヴィーダンスで部分やせ!」がランクインして、3冊の期間内推定売上部数は合計で150万冊を超えています。




第3位:DVDで完璧にわかる!美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム

こちらも、先に出した「美木良介のロングブレスダイエット」が第16位にランクインしています。2冊合わせると期間内推定売上部数は73万部です。
電車の中で中刷り広告をよく見かけました。
12年6月に発売された本書では、三木さん本人の写真が表紙で男性向けに評判が上がり売上が上がったようです。




夏に向けて今からなら十分間に合いますね。
最新の本を買うのもいいのですが、たくさんの方が買って実績のある本で取り組んでみてはどうでしょうか。





posted by 情報伝達人 at 16:40| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

クリスマスの足音(プレゼントにいかが)



昔ながらのパラパラ本
ちょっとしたおしゃれなクリスマスプレゼントにいかがですか。
本なのに最後に鈴の音が。。。
まさにクリスマスの足音です。
幻想的な動きに小さな感動。
アマゾンなら送料無料で翌日配送です。

内容紹介(アマゾンより)
パラパラとページをめくれば、幻想的な短編アニメーションが立ちあらわれます。
もうひとつの研究所がクリスマスに贈る、
かわいいサプライズが詰まった宝物。

チリンチリンという鈴の音色から感じるクリスマスの気配。
スリーブケース入りでギフトに最適です。

著者について
もうひとつの研究所とは、サンタクロース代表取締役が率いる
「クリスマスプレゼント研究所」のうちの一つです。
サンタクロースの合格点がもらえない、ちょっとおかしなプレゼントばかり作っている不思議な研究所。
鳥の背中に生えている塔で、今日もこそこそ自分たちなりの愉快なプレゼントを作っています。
posted by 情報伝達人 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

怒らない技術


怒らない技術 嶋津良智

電車の広告で最近よく見かける
仕事でも家庭でも、最近何かとイライラしてしまう。

怒らないことは技術?が必要なのか。
精神的に鍛錬が必要なのでは?

どんな中身なのか気になったので調べてみた。

<Amazoneの書評より>
大人の方が職場やプライべ―トで、
イライラすることが多いかもしれません。
ですが、「怒る」ことで、
職場やプライベートがよくなるでしょうか?

逆に、「怒る」ことこそが、
職場やプライベートがうまくいかない原因とはいえないでしょうか?

なぜなら…

●全ての原因は「イライラ」だった!

本書の著者は、
元はごく普通のサラリーマンでした。

さらに、超短気といえる性格であり、
一時期は、営業のマネージャーとして部下に怒ってばかりで、
うまくいかずに悩んでいました。

そんな著者は、ある時自分に対してひとつの約束をします。

「怒らない」と決めたのです。

そして、それがきっかけとなり、
自ら経営する会社を株式上場に導きビジネスマンとして「成功」

シンガポールを拠点に教育者となり「夢」も叶えています。

著者のように、「ビジネス」や「夢」に限らず、
本書の『怒らない技術』を知れば、
「仕事」 「恋愛」 「人間関係」 「上司・部下」 「うつ」 「勉強・語学」 「美容」 「健康」 …など、あなたの大切な場面でお役に立てると思います。
ラベル:話題の本 新書
posted by 情報伝達人 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする