話題 (2): 話題の情報

2016年11月16日

ヌーハラって何?

ahg54.jpg

現役のモデルである市川紗椰(29)さんが、メインキャスターを務めるフジテレビの番組「ユアタイム〜あなたの時間〜」で、麺をすするときの音が外国人にとって不快であることから「配慮をすべき」との意見に対し、「私は絶対すすります」と宣言したようです。

番組の中では、この「ヌードルハラスメント」のことを「ヌーハラ」として紹介していました。

そばやラーメンを食べるときに、日本人は音をたててすすることが普通ですよね、それをあまり不快と感じる人は少ないでしょう。

ところが外国人にとっては、この音が、食べる時に発するべきではないと不快感につながっているということから「セクハラ」や「パワハラ」と同様に「ヌードルハラスメント」つまり「ヌーハラ」として扱われるようになっているということなのです。

2020年の東京オリンピックを控えて、外国人の注目も上がっている日本ですが、この麺を食べる時の音を控えるべきという考え方もあることを番組では紹介していました。

市川さんは「私はどんなお客さんがいても絶対すすります」と言いきっていました。

「そのほうが香りが広がっておいしいし。ワインもソムリエが口に含んでくちゅくちゅするじゃないですか。あれも香りが広がる誉れ高い行為とされているわけで。そばをすするのもいいと思う」と言っています。

インターネット上の意見では市川さんの意見に賛同する声が多数上がっているようです。

私は、個人的には麺をすすると汁が跳ねるので、ある程度まとめて口の中に入れるようにしています。

あと、熱いものが苦手なので、豪快に汁ごと食べることが苦手なのもあります。

そば屋やラーメン屋で人がすすっているのも気になりませんね。むしろ口の中に入れたものをくちゃくちゃ食べている人の方が気になります。

親にちゃんと口を閉じて食べなさいって言われなかったのかなって、家庭環境を疑ってしまいたくなります。

写真提供:PAKUTASO
ラベル:芸能人
posted by 情報伝達人 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

グミの原材料は驚きのモノだった

子供が大好きなグミ。遠足のおやつでも必ず入ってくると言ってもいい定番となりましたよね。

フルーツ味で色とりどり、あのグミっていったいどんなもので作られているのでしょう?

透明感があってやわらかいグミですから、頭の中のイメージでは無機質なものに色付けした程度と考えていませんか?



実は、グミっってゼラチンでできているのです。

ゼラチンの主成分は豚や牛の皮です。

つまりグミは豚や牛の皮を加工して、フルーツの香りを付け、砂糖で甘みを出し、着色料で色付けをした食べ物ということなのです。

ゼリーも同じなんですよ。驚きですよね。

グミとゼリーの違いはゼラチンの含有量の違いです。

ゼラチンを多くすると固いグミになり、少なくするとプルプルのゼリーになるというわけなのです。

それにしても、グミを食べているだけのつもりが、その主成分が動物性のものだったなんて驚きじゃないですか?

最近ではビタミンやコラーゲンを入れたものも人気となっています。

グミサプリなるものもあるくらいです。

体に悪い成分ではないのでしょうが、ブタの皮と聞くとちょっと戸惑ってしまいますよね。

おかし食べ過ぎの方は買おうと思った時にちょっと思い出してみてください。
posted by 情報伝達人 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

故人の長者番付1位はあの人でした

アメリカの経済誌フォーブスが今月の12日に発表した記事です。
故人の著名人を対象とする最新の長者番付によると、ダントツの1位となったのは、やはりというかなんというか想定内なのですが、マイケルジャクソンさんです。

過去1年間での稼ぎはなんと8億2500万ドルで日本円にして860億円にもなります。

これは、単に過去に出したCDなどの印税の収入ではなく、生前にソニーと共同で設立した会社の株式を遺産管理財団が売り、売却益を得たというものです。

マイケルジャクソンさんは4年連続の1位ということです。

気になる第2位は、人気漫画キャラクター「スヌーピー」の生みの親であるチャールズシュルツさんで、4800万ドル(約50億円)ということ。

第3位には先月お亡くなりになったゴルフのスター選手である、アーノルド・パーマーさんだそうです。
傘のマークの衣料品、ひとつぐらいは持っている方も多いのではないでしょうか。

それにしても亡くなってからも収入があるというのはすごいですね。

生前にその一部でもいいから欲しいと思うのは、稼いでいない者ならではの思考でしょうか。羨ましい限りです。 
ラベル:タレント
posted by 情報伝達人 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

ゲス川谷絵音 次の恋人候補は20代美女一般女性

女性週刊誌の記事で、自宅マンションにお泊り直前のタクシーを降りたところでのインタビューが掲載されました。

ベッキ―から半年あまり、新恋人か?の質問に対しては、
「そこまでは進んでいない」
そこで、可能性はあるのかとの問いに対しては、
「相手次第ですね」
との回答。

さらに、女性はどのような人かと一般女性かとの問いには、
「友達の友達で紹介してもらった。一般の人なので写真は撮らないで」
とのこと。
この状況で女性を紹介する友達も友達だけど、その女性を自宅マンションに招き入れる川谷絵音も相当なものだと言えますね。

離婚したのでフリーとはいえ、肝が据わっているというか、世の男性からすれば羨ましいというか、こんな男性に引っかかってはいけないと言いたくなるような、複雑な心境になってしまいます。

ベッキ―に対してどう思っているかの問いに対しては、
「申しわけなく思っている」
という謝罪の言葉が出てきました。

申しわけないと思う気持ちがあれば、もうしばらく自粛すべきとの考えが一般的なものかと思いますが、立ち直りの早さは人それぞれなわけで、ベッキ―さんは重たい処分を受けたのに、川谷さんはもう次かい!と思う男性陣も多いでしょう。
女性の目線から見たらどうなのでしょうか
ベッキ―さんと付き合っていた人と付き合うって、相当な自信家か、人のことを気にしない人か、川谷さんが口説くのがよほどうまいかでしょうね。

この記事が掲載されているのは、週刊女性PRIME(シュージョプライムと読むようです)という媒体です。

週刊女性のWEB版ですね。
週刊女性を見たい方はこちら↓からどうぞ。
週刊女性 2016年 9/13 号 [雑誌]
ラベル:タレント
posted by 情報伝達人 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

ベッキ―不倫相手の元夫人に直接謝罪!こんなの普通ありえますか?

ベッキ―がゴールデンウィーク中に復帰するテレビ番組の収録をしたとともに、不倫相手である「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の元妻に謝罪のために会っていたという。

これって普通の常識でありえますか?

元ダンナの不倫相手の女性に面と向かって1対1で会って、ごめんなさいと言われる。
こんな屈辱って女性にとってありえないんじゃないでしょうか。

だって、「あなたの夫といいことしてましたよ、ごめんなさいね」ってどんな言葉で言われても腹が立つだろうし怒りがぶり返すだけのような気がします。

たっぷりと慰謝料取ったでしょうし、離婚も成立したあとなので、二人で川谷氏の悪口で盛り上がるというのならわかる気もしますがね。

ただ、そうでないとしたら芸能人ならではの復帰のための行為としか思えません。

いろいろと報道されていて憶測が飛び交っていますが、結局のところそれなりに痛い目を見たのはベッキ―の事務所で、CMのキャンセルなど収入減があったでしょう。

でも当の本人のベッキ―はこれで芸能界に復帰するでしょうし、これからもテレビに出てくることになるのでしょう。キズの付いた感じですが、そんなにテレビ的にニーズがあるんでしょうかね。

一方、元夫人もわかれてやり直すには十分なお手当をいただいているでしょうから大丈夫でしょう。
不倫するようなバンドマンとの結婚が失敗だったとやり直せるには、不倫相手がかなりいい相手でたっぷりともらえたので良かったのではないでしょうか。これが一般女性との不倫騒動だったら、何も残らず傷だけ残るという結果だったでしょう。

さらにもう一方、川谷氏はどうかというと、ベッキ―とも別れ、妻とも別れ一人ぼっちかというと、男性目線から見ればそうでもないでしょうね。

芸能人としてのファンもいるでしょうし、2人の女性を魅了したのですから、これからも女性に困るということはないのではないでしょうか。むしろ×いち独身ということで、何の障壁もなく女性と付き合えることになります。

こう考えると、今回の騒動の結末は、それぞれにメリットのある大人の解決方法だったと言えるのかもしれません。



posted by 情報伝達人 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

義父の名検索でまさかの事実発覚の内容(ネタバレ)

アメマガで1位になっているので見ようとしたら見れない。
ガールズトークの中での記事なのですが削除されているのか混雑しているのか見ることができませんでした。
そこで「義父の名検索でまさかの事実発覚」の内容を調べてみました。

気を引くタイトルですが内容はたいした内容ではなく、ダンナのお父さんが、元会社の社長でとっても有名な偉い人だったという内容です。さらには金持ちオーラが全然なくてそうは見えないとか、贅沢しないようにねとか、そんな内容でした。

「義父の名検索でまさかの事実発覚」なんて、まさかの事実というぐらいだから、いろいろな想像してしまいますよね。

例えば、自分の親と兄弟だったとか、変なビデオに出ていたとか、何か悪いことをして捕まった人だったとか、テレビで話題になった人だったとか。

最近のブロガーはタイトルの付け方が、女性週刊誌並みに上手です。
思わずクリックしてしまいますよね。

グノシーとかヤフーとかもそうですけど、「まさかの展開」とか「驚きの事実発覚!」とか、つい見てしまいます。

さらには、美女が出てきて「このあとの展開がすごすぎる」とか言われると、いろんなこと想像しちゃうじゃないですか。

さらには「衝撃の映像」とか「その3秒後に思いもよらぬ展開が」とかテレビ番組のコマーシャル前の煽りのように見事なタイトルを考えるものですから、これまたつい見てしまうのですよね。

メルマガのタイトルなども同じことです。時間を消費してしまうこのようなものは決して見ないと固く決意をしても、なぜか見てしまう。人間の心理なのか真理なのか。

それにしても、「義父の名検索でまさかの事実発覚」というタイトルは、「義父」というところでいろいろ妄想してしまうところ、「まさかの事実発覚」ということでこれまたさらにいろいろなことをかんがえてしまうところ、そして、その記事を見ることで正解がわかるというクイズ番組のような要素が取り入れられています。

結果としてその内容は見るに足らないものでしたし、日常のよくある内容だったと思いますが、多くの読者は時間の無駄だったと思うか、そんな義父がいて羨ましいと思うか、タイトルうまいな見習おうと思うと言った3種類ぐらいに分けられるのではないかと想像します。

posted by 情報伝達人 at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

清原和博さん仮釈放は最短で明日なのか

元プロ野球選手の清原和博選手、覚せい剤で逮捕されましたよね。

非常に残念なニュースですが、本人が反省する道を絶ってしまいそうで芸能関係のニュースは怖いと思います。

酒井法子さんの例もありますが、本人が更生したいという希望があるのであれば、その道を応援してあげるのがファンでしょう。

仮にも当時、彼が打ったホームランで熱狂したことを今逮捕されたからと言って非難するのはどうかと思います。当時は一生懸命野球に打ち込んでその結果がその時のホームランだっただろうから。

一時の栄光が忘れられず、道を外れてしまうこともあるでしょう、でも誰だって元に戻るチャンスは与えられるべきです。

社会的な影響はおおきでしょうが、傷害や殺人のように人に直接悪いことをしたような罪ではないので、立ち直るきっかけは欲しかったんじゃないかと思いますよ。

あれだけ有名な人でお金も地位もあったのに、友達いないとか寂しかったんじゃないかと想像します。

奥さんの亜希さんとも離婚して、2人の子供たちの親権も取られ、兄弟からも絶縁されていたといいます。

そんな彼を責めることはできないのかなとも思います。

かつての清原ファン、西武ファンの人は応援してあげましょう。
ラベル:巨人
posted by 情報伝達人 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

ダルビッシュ投手の弟 ダルビッシュ翔が野球賭博で逮捕

アメリカ大リーグで活躍するダルビッシュ有投手の弟、ダルビッシュ翔が野球賭博で逮捕されました。

日本では、巨人軍の選手が野球とばくに関与したとして調査が進んでいるところですが、ダルビッシュ翔は、アメリカ大リーグを対象とした野球賭博を無料通信アプリLINE(ライン)を使って掛金の取りまとめなどをしていたようです。

何も自分の弟が活躍するアメリカ大リーグを対象にしなくてもいいのにと思いますね。
変な話、選手とつながりがあるということは、八百長もできるんではないかと憶測してしまいます。

逆に、賭博を持ちかける時に、有利な情報が手に入るとか言って誘ったりしたのでしょうか。

写真を見たら、ダルビッシュ選手にそっくりでした。単にダルビッシュ選手が坊主にした写真家と思ったくらいです。

闇の世界でギャンブルはなくなりません。

競輪競馬など公共のギャンブルもあるくらいですから。

サッカーのTotoなんかもそうですよね。

いいことといけないことの線引きは紙一重です。

ルールの範囲でやっていれば捕まることもなかったのでしょうね。残念です。
ラベル:野球賭博 巨人
posted by 情報伝達人 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする