話題の情報

2017年04月03日

英会話スクールや海外留学では99%の人が英語を話せるようにならない理由

poah23.jpg
写真提供:PAKUTASO


4月に入って

「今年こそ英語を話せるようになるぞ!」

「新年度だし、英会話スクールに行こうかな〜」

「海外留学で英語ぺらぺらになって帰ってくるわ」


そんなふうに思っているあなた、要注意です!


実は、英語を本で勉強しても、英会話教室に通っても、海外留学に行っても、約99%の人が英語を話せるようになっていないからです。

話せるようになった人が100人に一人でもいると、さも話せるようなるような錯覚なのです。

ピアノやギターのように少しずつ弾けるようになるのならわかりますが、英語は少ずつ喋れるようになるというものではありません。

いっきに学んで話せるようになってしまいましょう。

では、どうしたらよいのでしょう。

実は、英会話にはコツがあり、「正しい方法で学ぶことができれば、日本にいても1か月もあれば、英語がぺらぺらになるというウソのような話があります。


【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法


もしあなたが英語習得に6か月以上もかけている、もしくはかけるつもりがあるのなら、残念ながらそれは間違ったアプローチと言えるのです。


受験生のように山のような数の単語を覚えたり、必死にリスニングCDを聞いたり、わからないまま外国人と会話したり、そんなこと必要ないのです。


学生時代の英語の成績が悪かったからとか、中学校の文法もわからないからとか、英単語の語彙力がないからとかそもそも英語が苦手とか全く関係ありません。


年齢も関係ないのでいつからでも始められます。

学歴も全く関係ありません。

才能も必要ありません。だって、日本語を話すようになるのに才能いりますか?


では何が大切か、それは「クエッショニング」です。

??という方もいらっしゃるでしょう。


クエスチョン=質問 

これを浴びるほど毎日受け続けることなのです。

自分から考えた言葉を話すより、聞かれたことに対して答える方が会話としてはよっぽど重要です。

聞かれた質問に対して何と答えるかを考えることで、その例文もいくつも聞くことで、回答能力が自然と身についてくるのです。

言葉を覚え始めた2歳くらいの小さな子供のことを考えてみてください。

毎日毎日お父さんやお母さんから

「おなかすいたの?」

「どこか痛いの?」

「何が食べたいの?」

「眠いの?」

「暑いの?」「寒いの?」

とたくさんの質問が投げかけられてそれに答えようとします。

自分から、言葉を発しようと

「僕は子供です」

「私は2歳です」

「スパゲティーが好きです」

「昨日は8時に寝ました」

なんて言いませんよね。

このように言葉を覚えるのは、今までのようにスクールに通ったりしているだけではいつまでも変わらないので、この目からウロコの勉強法を実践してみてください。




新しい年度の始まりにピッタリの短期間の学習法です。

今ならゴールデンウィークの海外旅行にも間に合うでしょう。

夏休みのバケーションにも十分です。


posted by 情報伝達人 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

ハグする友達が「ハフレ」なら「ソフレ」と「オフレ」はなに?

hipaa5.jpg
写真提供:PAKUTASO


何か特定の事だけをする友達のことを「○○フレ」と言いますよね。

代表的なものについては明言を避けますが、ハグするほど仲の良い関係で、それ以上でもなく、それ以下でもない友達のことを「ハフレ」と言うそうです。

では、このほかにどんな「○○フレ」があるのでしょうか。

タイトルにも書きましたが、「ソフレ」や「オフレ」、「カモフレ」、「ビリフレ」などもあるそうです。

例えば、「飯フレ」とか「キスフレ」とかなら、意味はわかりますよね。

「飯フレ」については、ご飯を食べに行く友達と言うことで、普通に友達関係であると思っていいのではないでしょうか。

趣味で食のブログをしている人やインスタに写真をアップしている人などは、同じ中までごはんに行くと盛り上がるでしょうね。

「キスフレ」については、その心境はなかなか理解しがたい部分もありますが、女性の間で「キスフレ」を持つのが一種のステータスになっていたり、友達に「あいつキスフレだから」とか自慢げに言ったりするのがいいようです。

特にイケメン男子とは真剣に付き合うと痛い目を見ることがわかっていたり、心配になったりするので「キスフレ」が適度な距離感でいいのではないでしょうか。

さて、では「ソフレ」と「オフレ」とはなんでしょう。詳しく見てみましょう。

スポンサー リンク





まず、「ソフレ」ですが、これは添い寝をする関係の友達ということです。

添い寝をする状況ってあまりないですよね。

その人の部屋に行く、いっしょにDVDを見たりゲームをしたり、その延長で添い寝なのでしょうか。

なんでも癒しの対象なのだそうです。あくまで肉体関係はなし。

恋人ほどもい関係は望んでいないものの、ありのままの自分になれる場所や相手がいること。その時間がほしい人どうしの信頼できる関係という事のようで、そこにやましい気持ちは存在しません。

最後に「オフレ」です。これは、お風呂にいっしょに入る関係トいうことです。

今どきお風呂の付いていない家は少ないので、銭湯に行く機会なんてないですよね、そこでいっしょに先頭に言ってくれる友達、同姓ならいっしょに入る、異性なら行き帰りの時間や待ち合わせを楽しむと言った関係が主で、中には異性でもいっしょに入れる水着着用のスーパー銭湯や貸切風呂に入る関係もありとのこと。

これは、関係業界が無理やり作った感がありますが、それをどれだけの人が「オフレ」と呼んでいるのか、実際に「オフレ」と言える関係の人たちがどれほどいるのかは定かではありません。

色々とある「○○フレ」ですが、これからもたくさん出てくることでしょう。

ちなみに「カモフレ」はカモフラージュフレンド、「ビリフレ」は失恋時のリハビリフレンドだそうです。

あなたはどんな「○○フレ」がいますか?
タグ:ハフレ
posted by 情報伝達人 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

今日はさくらの日(3月27日)です

sakuranohi.jpg

東京では開花宣言されましたが、昨日今日の雨でさくらの花がなかなか開きませんね。

今週末が見ごろかと思っていましたが、お花見は来週末でもちょうどいいくらいかもしれません。

小中学校や高校、大学の入学式にちょうど桜が咲いているのではないでしょうか。

タイトルにあるように、今日(3月27日)はさくらの日です。

では、さくらの日がどんな日なのか、いつからだれがそうしたのかについて見てみましょう。

スポンサー リンク




【さくらの日とは】
さくらの日は、「公益財団法人日本さくらの会」が1992(平成4)年に制定しました。
さくらと「3(さ)×9(く)=27」の語呂合わせからきていることと、七十二候のひとつ「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期であることからこの日となっています。
日本の歴史や文化、風土と深く関わってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深めてもらうことを目的にしています。

公益財団法人日本さくらの会は、昭和39年(1964年)設立。
さくらの植樹や愛護、さくらの名所の保全、名木・巨木の保存などを行っています。
また、さくらを通じた国際親善活動のほか、「さくらの日」の制定、「さくら功労者」の表彰、「さくら祭り中央大会」の開催などを行っています。

早く暖かくなるといいですね。

私事ですが、さくらが咲くと花粉の季節もそろそろ終わりかなーと少しうれしくなります。

期間は短いですが、桜の開花で日本の気候風土を感じるのもいいですよね。
posted by 情報伝達人 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする